Distance D6 Men (Ash Grey)

ディスタンス D6 男性用 (アッシュグレー)

サルミングのベストセラーモデルが"ディスタンス"。

サルミングのテーマである「ナチュラルランニング」を実現するこのシューズが、日々のトレーニングをさらに楽しいものにします。

耐久性の高い素材を使用し、サルミングの独自技術「ドロップ5mm」(かかとからつま先への高低差5mm)との絶妙のコンビネーションによって、 ハードな路面を長距離走っても耐えられるように設計されています。<

サルミングの独自技術「ランライト」、アッパーの2層構造が快適な履き心地をもたらし、 「EXOスケルトン」が安定性を向上させ、かつ足指関節への負担を軽減しています。長い距離でも軽快でナチュラル。このフィーリングを実感して下さい。

「粗い路面やクロスカントリーに適した素晴らしいシューズ」

ウルトラマントライアスロン世界王者 ヨナス・コールティング

TGS 62/75°(トーション・ガイド・システム)

かかとから拇指球までの長さをソール全体の62%に、 さらに「バレーライン」と呼ばれる拇指球からシューズ前方部にかけての屈曲を75°に設定。 これにより安定性がより一層向上しました。また75°で屈曲したシューズ前方部には 柔らかい素材を使用し、足の動きが自然に反映されるように工夫。シューズがちょうど正しい位置で屈曲し、横移動、前方向への自然な動きを促進します。

ドロップ 5mm

かかとからつま先にかけて5mmの傾斜をつけることで、自然なランニング姿勢をアシストし、 正しい前傾姿勢をもたらします。

2レイヤー構造

「EXOスケルトン」を含んだ2層構造。 足に接する第1層は快適な肌触りをもたらす大きなメッシュ素材。 上層の第2層は細かいメッシュで、水分を排出しつつも、砂や小石の侵入を防ぎます。 第2層はシューレースに組み込まれた「EXOスケルトン」を含み、フィット感を高めるとともに、足をシューズ内の適した位置に保ちます。

ランライト ミッドソール

快適な接地性のために、ミッドソールには特殊な「耐摩耗インジェクションEVA」を採用。 この素材は軽量で、俊敏性を高めるとともに、踏み込んだ地面からは柔軟が感触が得られます。

トーション・エフィシェンシー・ユニット

少ない素材で高い操作性を実現する機能。シューズに安定性をもたらし、効率の良い走りを促進します。 「ディスタンス」では半透明のTPU(熱可塑性ポリウレタン)を、「レース」では軽量のカーボン素材を使用しています。

アウトソール 高いグリップ力を確保

あらゆる坂道、カーブ、急転回を想定し、軽量でグリップ力の高いゴム化合素材を右図の赤い部分に配置しています。

EXOスケルトン

シューズ側面に骨格のように施されたEXOスケルトンデザインによって、 左右移動時の安定性が向上。また足指関節にかかる負荷も軽減しました。 このデザイン構造は摩擦を減らし、特につま先下の柔らかい部分に加わる横からの衝撃を緩和します。

アナトミカル ヒールカップ

サルミングはヒールカップを最小限の重量に抑え、 また変形可能で、フィッティング性が高まるよう特別にデザインしたものを採用しています。 (「エクスプロア」では素足の感覚を再現するためにヒールカップはついていません)

Athlete's Reviews

Distance


「粗い路面やクロスカントリーに適した素晴らしいシューズ。 足をしっかりと守ってくれる上に、ソールが高過ぎず、十分に軽く、操作性に優れ、足が素早く動く。こんなシューズが欲しかった。 練習用として素晴らしいが、夏場に長距離を走るトライアスロンでは試合用としても適している」

Jonas Colting ヨナス・コールティング


「ナチュラルで技術的なランニングを後押ししてくれる驚くべきシューズ。 足を完璧に包み込み、数キロ走った後でも疲労感が少ない。とても軽く、長距離練習用でありながら、試合用シューズのような感覚がある」

Ida Salonen イダ・サロネン


ヨナス・コールティング

ウルトラマントライアスロン世界選手権で2度の優勝を誇る耐久レース界の巨人。 母国スウェーデンのブランドであるサルミングと契約し、自身も選手としてさらなる完成を目指す。 持てる能力を最大限に発揮する研究、努力を惜しまず、またトレーニングキャンプの開催や執筆活動を通して、自らが極めたランニング技術を世の中に伝える橋渡し役としても、 献身的な活動を行っている。

イダ・サロネン

早くからトライアスリートとしての並外れた才能を見せ、国際大会で活躍。 2012年にはスウェーデンのジュニアチャンピオンとなるとともに、ノルディック、スプリントディスタンスでも王者となった。 豊富な練習量と美しいランニングフォームで知られ、これからのシニア大会での活躍にも期待がかかる。

Go to Details